シャチハタは用途を考慮して活用しましょう

シャチハタはゴム印ですから時の経過によってゴムが変形してしまい、形が変化するウィークポイントがあります。
長年にわたる活用にはフィットしないことから、一定間隔で新しいものを買うことが必須であり、そういった部分からも実印には合っていません。
活用には気を付ける必要がありますがリーズナブルでユーザビリティの高い印鑑であることには相違ありません。
認印という形でなら充分申し分ないと言えますので、使用目的を限定することによって応対することが重要になります。
そうやってやれば不要な費用を費やさずに印鑑をフル活用することができます。
留意しなければいけないこともあります。
それは非常に重要な印鑑としては利用できないというところです。
これは全く同一のものが多量生産されていることが要因です。
国内至る所に同一の印鑑がたくさんありますので、シャチハタは実印という様な非常に重要な印鑑としましては犯罪防止上の視点から向いていないとされています。